骨が無い場合のインプラント 骨造成|熊本【ピュアデンタルクリニック】

骨がない場合 骨造成治療
  1. インプラント 熊本 TOP
  2. インプラント
  3. 骨が無い場合

ソケットリフトやGBRによる骨造成治療

今まで骨がなくインプラントができないと言われてできなかった方や
長期間放置して治療していなかった方

あごの骨がうすい、足りないと言われた場合でもあきらめないでください。当院では緻密な診査・診断・治療計画のもと、上顎の骨量が少ない場合の骨造成治療(ソケットリフトやGBR)にも対応いたします。骨がないとあきらめていた方でもまずはご相談ください。

骨造成法の種類には以下のようなものがあります。

ソケットリフト(上顎洞挙上術)

インプラント治療を行うにあたり骨の幅や高さがない場合、インプラント治療ができない場合があります。上顎においては上顎洞という空洞があり、インプラント治療を難しいものにしてしまいます。この空洞に骨を造成してインプラント治療を可能にするために行うものです。

ソケットリフト1歯を失った部分の骨の高さが足りません。高さが5mm以上あればソケットリフトの適応となります。

ソケットリフト2埋入するための穴を形成し、専用の器具を使って、シュナイダー膜を押しあげてゆきます。

ソケットリフト3人工骨または自家骨を補充します。

ソケットリフト4その穴にインプラントを埋入します。

GBR(自家骨・人工骨移植)

インプラントを行うにあたり、インプラントを植立するための骨幅や骨の高さがない場合、そのままの状態でインプラントを行うと成功率は非常に低くなります。適切な状態で植立してこそインプラントの長期安定が望めるのです。
GBR 法とはインプラントを行うにあたり、骨の幅や高さがない時に、骨を再生させる方法です。

GBR 骨を補填GBR 人工膜GBR完成

ソケットリフトによる奥歯のインプラント症例

奥歯のインプラント症例術前から術後へ奥歯のインプラント症例

奥歯のインプラント症例術前から術後へ奥歯のインプラント症例

右上に1本のインプラントをした症例です。患者様自身、虫歯で奥歯を失ったため、食生活や、他の歯への負担、歯の移動などを不安なされていたため、インプラントの選択を行なわれました。
術後の写真は、インプラント植立を行なった後6ヶ月後に被せものをはめた状態です。

レントゲン写真

ソケットリフト
左上の一番後ろの奥歯がほとんどで虫歯で抜歯となりました。この部分に対してインプラントをしていくのですが、基本的に上顎には、下顎よりも長めのインプラントを埋入します。その際に上顎には上顎洞という空洞の部分があるのですが、ここには骨がありません。

ソケットリフト
抜歯後、上のレントゲンでは、右上の方に横に走る白い線が見えます。これが上顎洞の下底になります。そのため、ここに長めのインプラントを埋入すると上顎洞に触れる恐れがありますので、上顎洞の所にインプラントの埋入と同時に骨をつくるのが上顎洞挙上術です。

ソケットリフト
そこに対して、細い専用の道具でインプラントの入る通路を形成していきます。次のその先端部分から人工の骨を入れて行きます。

ソケットリフト
上のレントゲンの太い棒の先の部分に上顎洞の下底を貫通して白く顆粒上の物が写っているのが見えます。これが、人工骨を入れた部分になります。この分、インプラントが入るスペースが出来たので、ここに埋入していきます。

ソケットリフト
こののち6ヶ月ほど骨の成熟とインプラントと骨の結合を待ち、上の被せものを作って行きます。

ソケットリフト
今回使用したインプラントは、3iの新型インプラントのプリベールというもので、できるだけ周囲の骨が減少しにくくなるように設計されているインプラントです。

初めての方でもお気軽にご相談ください。 無料カウンセリング予約 無料メール相談FAX相談診療予約

インプラント治療

取扱いカード一覧
各種クレジットカード
ご利用いただけます

料金表

デンタルローン
窓口分割払いのデンタルローン制度です。36回までは無金利でご利用いただけます。

歯科医師 歯科衛生士 求人募集

熊本市水前寺の閑静な場所に位置する当院では歯科医師・衛生士の求人を募集しています。

関連サイトWEB SITE

ピュアデンタルクリニック 新大江歯科診療所

QRコード
http://www.kumamoto-shinbi.com/m/

携帯の検索で「ピュアデンタルクリニック」と入力するか、上記のQRコードを携帯電話で読み取ると、直接携帯サイトへアクセスできます。