前歯のエンプレスククラウン

審美・インプラント症例集
  1. インプラント 熊本 TOP
  2. 症例集
  3. 前歯のエンプレスククラウン

前歯のエンプレスククラウン

術前 エンプレスククラウン術前から術後へ術後 エンプレスククラウン

治療内容 自分の歯を土台として、セラミック製の被せ物(冠)をかぶせて見た目や咬合機能の回復をはかる治療方法。
自費診療 エンプレスクラウン法は自費診療となり健康保険対象外です。
治療費 125,000円(税別)
治療期間 約3ヶ月
主なリスク
副作用
  • 金属単体のクラウンより若干削る量が多い。
  • ごく稀に欠けたり壊れる可能性がある。
  • 神経の処置(根管治療)や土台(コア)の処置が必要となることがある

前歯のオールセラミックスのエンプレスによる症例です。写真の正面から見て、中央の前歯の左側の裏側の金属が気になるということで治療となりました。仮歯に変え、オールセラミックス用に土台の歯を削り再度仮歯の調整を行い型取りを行いました。そして、エンプレスオールセラミックスをセットした状態です。

拡大 エンプレスククラウン

このように自然な白さを取り戻せるだけでなく、内側に金属を使っていませんので、当然、歯ぐきの境目にある黒ずみ(ブラックマージン)も改善できました。

オールセラミッククラウンについて詳しくは当院にお気軽にご相談ください。

初めての方でもお気軽にご相談ください。 無料カウンセリング予約 無料メール相談FAX相談診療予約