審美インプラント|熊本【ピュアデンタルクリニック】

審美 インプラント
  1. インプラント 熊本 TOP
  2. インプラント
  3. 審美 インプラント

前歯の審美インプラント症例

前歯の審美インプラント症例の紹介です。
前歯の左前の歯が根のところから折れてしまい抜歯をしなくてはいけなくなりました。
ブリッジとインプラントの両方の説明を行った結果、患者様より歯を削りたくないという希望がありましたのでインプラントによる治療ということになりました。

審美インプラント症例術前から術後へ審美インプラント症例

治療の経過

インプラント症例
今回、歯のひび割れが大きかったため、歯を動かすのと周囲の骨を保存するのを目的に小矯正も併用しましたが、やはりインプラントを埋め込む際に大きな骨の欠損が見られましたので周囲の骨を造成する処置(GBR)をインプラントと同時に行いました。*実際オペ時の写真がございますが今回は、わかりやすくするために2次オペ後のの土台装着後写真を使っております

インプラント症例
インプラントが骨と結合するのを6ヶ月間待ちます。その間は仮歯を装着し治療中が出来るだけわからないように行います。
半年経過後次に歯の被せ物を本格的に製作に入ります。

インプラント症例
歯茎の状態を整えながら型取りの時期を待っている状態です

インプラント症例
歯茎の状態を見て最終的な歯が型どりできる状態なって型取りを行いました

インプラント症例
実際の被せ物(メタルボンド)が入った状態です

インプラント症例
正面からの拡大写真です

今回の治療において患者様、技工士さん、スタッフの協力もあり患者様の満足いく治療が行うことができましたことを感謝いたします。

審美インプラントとは

審美インプラントとは
▲ゴールデンプロポーション

ただ単に、インプラントを埋入する時代は終わりました。
これからは、いかに見た目を美しく、より本物の歯と同じように見せるか、機能するかがポイントです。

お口を開けたとき、笑ったときにいかに自然に見えるかなど、美容の観点からも「スマイルライン・Eライン(エステティック・ライン)」をより美しく見せる治療を計画していきます。

実は難しい、前歯1本(単冠)のインプラント

ドクター菅鉢より
▲DR.菅鉢より一言

1本の欠損の状態は、何本もまとめて治療するよりも、1本を他の歯に合わせ作るのが難しく、歯科技工士さんの技量が大きく関わってきます。特に前歯の症例ケースは、お口を開けたときに審美的に目立つ箇所なので奥歯のインプラントよりも難しいとされています。

ピュアデンタルでは、信頼できる歯科技工士さんに製作してもらっていますので、すばらしい被せものを患者さまにご提供させて頂いております。

初めての方でもお気軽にご相談ください。 無料カウンセリング予約 無料メール相談FAX相談診療予約