審美インプラント

審美 インプラント
  1. インプラント 熊本 TOP
  2. インプラント
  3. 審美 インプラント

以下は30代女性、当院の前歯1本の審美インプラント症例です。

前歯の審美インプラント症例

どの歯がインプラントをした前歯かお分かりいただけるでしょうか?

正解は…

インプラントの無い状態

右上1番目の前歯です。

このように当院では、歯ぐきに自然に調和する前歯の審美的なインプラントもケースにより行う事ができます。

治療
内容
歯の無い場所、もしくは保存不可能な歯を抜歯した場所にチタン金属性の人工歯根を埋めいれ、それを土台にして人工の冠歯をかぶせて、見た目や咬合を回復する方法。
自費診療 インプラントは自費診療となり健康保険対象外です。
治療費 500,000円(税別)
治療期間 約6ヶ月
主なリスク
副作用
インプラントのリスク・副作用についてはこちら

初診

破折した歯

患者様は前歯のセラミックの被せ物が外れて、特に痛みもないが付け直したいとのことで、ご自身で仮止めをして来院されました。レントゲン写真や被せ物を外した写真をみていただくと中が破折していることが分かります。保存不可能な状態、処置としては抜歯せざるを得ない状況でした。

治療の選択肢としては、ブリッジや入れ歯等もありましたが、両隣の歯に負担をかけたくないとの事で、患者さんとお話をさせていただきインプラント治療を希望されました。

診断・処置

抜歯即時インプラントと骨造成

抜歯即時インプラントGBR

抜歯と同時に骨造成をして骨と歯ぐきのボリュームを確保し、インプラントを埋入します。

埋入深度

埋入深度

理想的で審美的な前歯を作るには、適切なインプラントの埋入深度が欠かせません。今回は歯ぐきの頂点から3mmの深さでインプラントを埋入します。

シンメトリー(左右対称)設計

シンメトリー

隣りの前歯と左右対称になるような形態や色・質感を考慮します。

セラミック上部構造の適切な設計

セラミック上部構造

歯ぐきに調和するようなセラミック歯の設計をします。これが歯肉退縮の抑制、歯肉の厚さ確保、歯槽骨への血液供給へつながり、より美しく、より寿命の長い歯を保てることになります。ただ歯をかぶせていいというわけではありません。

審美的に作られた歯肉の状態

歯肉

最終的なセラミック歯を入れる前の歯ぐきの状態です。仮歯の段階からこのように歯肉を作り上げていきます。

最終的な歯とお口元

お口元

ジルコニアオールセラミックスの自然な歯が入りました。本物の歯と区別がつかないため、患者さんもお口元を気にすることなく自然な笑みがこぼれます。

審美インプラントの条件 -考察-

今回のケースは患者さんとしても、見た目も自然でインプラントをしたとは分からないほどのキレイな歯が入り、満足されておりました。

歯ぐきとの調和を重要視した審美インプラントは、被せ物をキレイに作るのはもちろん当たり前で、

  • 埋入深度
  • 唇舌側位置
  • 歯肉のコントロール

が大切なポイントになります。上記を適切に行うには、やはり初期の「診断力」が重要になり、その診断力が適切な治療計画を生みます。

実は難しい、前歯1本(単冠)のインプラント

ドクター菅鉢より
▲DR.菅鉢より一言

1本の欠損の状態は、何本もまとめて治療するよりも、1本を他の歯に合わせ作るのが難しく、歯科医師・歯科技工士の技量が大きく関わってきます。

特に前歯1本の症例ケースは、お口を開けたときに審美的に目立つ箇所、かつ隣接する歯とも自然に合わせなければならないので、奥歯のインプラントよりも難しいのです。

ピュアデンタルでは、上記でご紹介したように歯ぐきに調和するようなインプラント治療のために、診断と治療計画を念密に立てて信頼できる歯科技工士さんに製作してもらっていますので、すばらしい被せものを患者さまにご提供させて頂いております。

初めての方でもお気軽にご相談ください。 無料カウンセリング予約 無料メール相談FAX相談診療予約